道具

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道具は手持ちのモノで済まそうとしたが、古くなったりで使い物にならず、買い直したものも多くなった。高い山に行くわけではないので、手ごろな値段のモノばかりだ。

水筒

Le Grand Tetrasの水筒。これだけは長年使っている道具。1990年購入の25年モノ。全長245mmなので、目安に。
今どきこんなガラクタ使っているヤツはいないだろう、というつもりでFacebookにアップしたが、いつの間にか生産中止になり意外と値がつくらしい。ここまで使ったら売る気はないけど。

衣類

衣類はだいたい普段着ているもの。ユニクロが多い。
秋冬だったので山はこんな格好で歩いていた。ウルトラライトダウンの古いヤツ。

カメラ

OLYMPUS STYLUS 1S。蛭ヶ岳でホットシューカバーを紛失した。この写真ではすでに付いていない。

自動開閉レンズキャップが旅行用にはスグレモノ。

後日、ホットシューに取り付ける水準器を購入。

カイロ

探索は秋冬だったのでハクキンカイロを携帯。真冬じゃなくても、タオルやハンカチの中にくるんでおくと乾いた状態で使えるのが便利。熱量が大きいのでよく乾く。

手持ちの軽登山靴は底が劣化していたので、HI-TEC HT TRM698を購入。
近所のイトーヨーカドーをのぞいたらあった。「8」が付く日だったりすると通販よりお安くなるかもしれない。

登山杖

WILDER トレッキングポール。安い割によくできてる。

グリップ部分。1、2年使うと黒ずんでくるでしょうね。

バックパック

ちょうどいいサイズのバックパックがなかったのでMakino 40Lを購入。お値段考えると十分。

熊よけ鈴

Colemanの熊よけ鈴。気休めですね。

使わないときはこんなふうに丸めて音が出ないようにする。マグネットで鈴が固定されて音がしなくなる仕組み。

雨具

本降りになりそうな天気なら行かない割り切りなので、雨具はセブンイレブンで買って、結局使ってないヤツを。今回の旅行でも使わずじまい。

軽アイゼン

12月末に蛭ヶ岳を再訪したときに用意した軽アイゼン。結局使っていない。

どら焼き

大きいのはダメです。小さめたくさんがヨシ。

LEDヘッドライト

ずいぶん前にホームセンターコーナンで買った安物。いつでもカバンに入れている。電池は予備を持っていく。

ライター

よくあるZIPPO。万が一のときに火をおこして暖を取る。