横着園芸

フキ

フキノトウ。春の味覚っていったらこれだな

日陰に強い!

日当たりが悪くてもたいへんよく育つ、厚かましい植物である。そして採算性も高い。

スーパーのフキはほんのちょびっとを輪ゴムで止めたのが198円ぐらいはする。フキノトウに至っては1パック298円ぐらいすることもよくある。この値段ではわざわざ買って食べようとは思わないだろう。

いっぽう、フキの苗は1袋298円ぐらい。2袋も用意すれば、どんどん増えて2、3年するとフキもフキノトウも買わなくてすむようになるぞ。

フキノトウがいくつか見つかったらその日は天ぷらだな。とれたての風味はいいぞ。茎はまとめて刈り取り佃煮にして保存するのが無難だ。

最近は袋入りのを売っているから、こういうのを使う。葉も出ていないし枯れ木の根のようで、こんなのから育つものかと不安になるが、心配は無用だ。どんどん増えていくぞ。

スペースに余裕があれば、2株用意したいところだ。筆者の経験では、2株入れたほうが1株のときよりも倍以上増える。

育て方

できれば地植えがいい。面積はそれなりに必要だが、日陰でもかまわないんだからスペースの確保は容易だ。

プランターでの栽培も可能だが、できるだけ大型のものにしろ。それでも、地植えのようには増えてくれないだろう。

こんなところでも育つぞ

いったん植え付けるとどんどん増えて何年も収穫でき、たいへんお得である。しかし、できれば毎年1株ずつは新しい株を追加したほうが生育も風味も良くなる。

増えすぎて株が込んできたら、適宜間引きするといい。間引きした株は捨ててしまってもかまわないが、近所に「おすそ分け」してあげれば、少しは「いい男」になれるだろう。

害虫

葉は盛大に虫に食われるが、ほとんどの場合、茎は無事だから無問題。

収穫

フキノトウは見つけたらどんどん収穫だ。風味が命だから、タイミングを逃すなよ。

葉が虫に食われるころになったら、ごく一部の株だけ残して茎も一気に刈り取る。とりあえず葉の部分を取って茎だけを新聞紙でくるんでおけば、次の週末に調理しても十分だ。