ニガウリ(ゴーヤー)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニガウリ(ゴーヤー)

日よけ兼用で採算性アップ!

実を食べることだけを考えると、それほど採算性がよいとはいえない。

ニガウリは旬になるとスーパーで2本99円ぐらいで投げ売りされることもしばしばだ。いっぽう、ニガウリを家庭菜園で育てるとなると、苗やタネの費用のほかに用土や肥料、支柱、ネット、プランター、苦土石灰など、さまざまなコストがかかる。

しかし、ニガウリは日よけとしても利用できる。節約できるエアコンの電気代を考えると、十分にペイするだろう。

趣味としては種から育てるほうが楽しい。しかし、タネからの栽培は何かと手間がかかり、無駄もある。発芽させるのにややこつがいることや、育苗に必要なスペースがおもな課題である。

そして、袋入りのタネを買うと余ることが多い。よっぽどの「お屋敷」でもない限り、日よけ用のニガウリの苗は2本もあれば十分だ。これでも盛夏にはぐんぐん伸びて、相当な面積にわたって日差しを遮ってくれるぞ。「横着園芸」としては、必要な分だけで購入することを勧める。

実生(種からそのまま育てたもの)の苗なら68円ぐらいで売られていることも多いが、苗で買うなら接ぎ木や品種改良された苗を選ぶべきだ。接ぎ木の苗は198円程度するが、収穫量や生育の良さを考えると、十分に元は取れる。接ぎ木や品種改良された苗は連作障害にも強いぞ。

6月ぐらいになると接ぎ木や品種改良された苗も投げ売りが始まるから、苗を安く買いたいなら遅めに購入してもいい。6月スタートでも7、8月には十分日よけになるぞ。

育て方

土と肥料

土そのものは安い園芸用土で十分だ。ただ、苗を植え付ける土には苦土石灰をまぶしておくことが不可欠になる(消石灰でもかまわないが苦土石灰のほうが使いやすい)。苦土石灰を入れてからは植え付けまで2週間ぐらい土を寝かせたいところだが、晴天が続いていれば1週間でもとくに問題はなかろう。

実を充実させたければ肥料も必要だ。普通は油かすでいい。油かす大さじ1杯程度を毎週な。面倒くさければ粒状の固形油かすも便利だぞ。ただ、固形油かすは普通の油かすに比べると、効き始めるまでに時間がかかる。1週間ぐらいのタイムラグがあると思っていただきたい。

支柱とネット

つるをはわせる支柱やネットの設置は条件に合わせて各自工夫してほしい。日よけにはなるが雨戸を閉められないとか、間抜けな事態にならないように気をつけろ。

少々目障りだが、一度設置した支柱やネットは何年も使えるぞ。それだけに、最初に設置するときは手戻りがないように熟慮を重ねるべきであろう。

ブロック塀にネットを絡めてはわせることも可能

水やり

乾燥は苦手だから、株もとが乾かないように工夫する。真夏の水やりは朝夕必要になる。

害虫

カメムシにやられることがある。入手できれば株もとにペニーロイヤルミントをはわせておくと、乾燥防止にもなって都合がいい。

もっとも、ニガウリはヤワな植物ではないから、多少カメムシにたかられても枯れるようなことは少ない。

収穫と利用

欲張って大きくなるのを待っていると、あっという間に黄色くなって使い物にならなくなるぞ。少々小さめでも使えそうならどんどん収穫してしまえ。

欲張るとこうなる

ニガウリのレシピは山ほど公開されている。各自検索してくれ。

ただ、自家栽培しないとまず食べられないレシピもある。ニガウリの葉の天ぷらだ。シソの葉を天ぷらにする要領で調理する。面白いことに葉も実と同様、苦みがある味で暑い日にはいけるぞ。